など体のコリって、

皮膚の短縮や

癒着でも起こることを

 

知ってますか?

 

例えば

革ジャン着てたら

肩がコルことありませんか?

 

身体の表面でも

動きが制限されると

身体がコルことってあるんです!

ということで

 

首の皮筋である広頸筋への

(つまり、ほぼ皮膚への)

セルフASTRを思いつきました

 

簡単に言うと、3手順

 

 

%e9%a6%96%e3%81%a8%e8%82%a9%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95astr-%ef%bc%91

 %e9%a6%96%e3%81%a8%e8%82%a9%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95astr-2

 

 %e9%a6%96%e3%81%a8%e8%82%a9%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95astr-3

 

※※※※※※※※※

1.鎖骨の上に滑り止めマットをひいて

2.手で下に皮膚を引っ張って

3.首を上に向ける

※※※※※※※※※

 

当たってるところが

チリチリした感じや

引っ張られる感じがすれば

バッチリです(*^_^*)

 

コツ

○色々な持ち方で動かし方で
一番身体が気持ちよく伸びるとこを探す

○皮膚をしっかり止めてから動かす

です!

 

やってはダメな人は

✖︎皮膚が弱い人

✖︎一般的な手技療法が禁忌な人

です。

※皮膚運動学※

皮膚と運動が、どう関係するかは

↓↓↓の本が参考になります

 

 

この本には

皮膚が運動するときに

どう動くか

皮膚から運動をどう誘導するかが

書かれています。

 

しかし・・・

 

今回のセルフASTR

皮膚運動学の関係を

論じるのは

私には難しいので(^▽^;)

 

詳しい話はしませんが

皮膚と運動は関係ある

と言っていることだけ

わかっていただければ幸いです(*^-^*)