究極の
 
表層軟部組織
 
リリーステクニック
 
 
 
その名前は・・・
 
 
・・・ズレター
 
 
もしかしてあるかもしれないテクニックかもしれませんが
 
勉強してる時に思いつきました
 
 
 
床と皮膚の
 
摩擦による
 
剪断力
 
 
 
を利用したテクニックです。
 
 
 
今回も滑り止めマット
 
を使います
 
(摩擦を高めるため)

 
 
 
 
寝たまま身体をズルズルずって
%e3%82%ba%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%92
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのまま
 
 %e3%82%ba%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%93
 
 
 
 
 
簡単に言うと2手順
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

①ずって

②皮膚がよじれた状態でキープするだけです
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
これだけでも
 
組織が柔らかくなると思います。
 
 
 
名前の由来は
 
 
 
ただ寝てズルズルし、
 
かっこいいからターをつけて、ズレターです
 
 
 
 
テクニックの利点としては、
 
○特に特別な道具が必要でない
 
○身体に負担をかけない
 
○持続して刺激を与えられる
 
○誰でも簡単にできる
 
 
 
欠点としては
 
×ある程度硬いところに寝ないとできない
 
×皮膚の弱い人には適応困難
 
 
 
ちなみに究極とつけたのは
 
究極に簡単で、楽で、面白いので、
 
究極と書きました
 
 
 
深い意味はないです(;^_^A
 
 
 
実際に患者様へ使うと
 
 
 
 
やはり表層の軟部組織は
 
柔らかくなってました!
 
 
 
中には
 
それだけで
 
痛みが軽減して、
 
そのまま治療が終わった人もいました・・・
 
 
 
痛くなく、辛くなく、優しくかけることに成功したと思います。
 
 
 
楽な姿勢をとって痛みをとるテクニックは
 
ストレインカウンターテクニック、
 
マッスルペインリリーフなど
 
 
 
色々使ってますが
 
 
 
これもそのひとつでありかなと
 
勝手に私は思っています
 
 
 
筋膜リリースの理論から効く理由※、
 
(どの本がいいかわかりませんが
 
竹井先生が言ってたことなので
 
竹井先生の本を載せます)
 
 
 
効く理由は大きく二つあると考えます。
 
膠原線維を伸ばすのに低い負荷
 
で行う必要があること
 
○Spring and dashpot modelで言われてるように、
まずはエラスチンをじっくり伸ばしてからでないと、
コラーゲンが伸びないため、
 
じっくり伸ばすのが
 
必要なこと
 
90〜300秒)
 
 
 
 
筋膜リリース
 
100g程度の圧力で

優しい力で
 
持続的な圧が
 
必要なので
 
このように低負荷でじっくりかけられる
 
テクニックも以外とありかもしれません