~北の治療家セミナー ダイジェスト~

腰痛の運動療法 with 鎌倉先生

 


%e3%81%8a%e5%b0%bb%e3%81%ae%e7%ad%8b%e8%82%89%e3%81%a8%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af

臀部の筋肉性差

筋トレで有名な

プランクについてです

性差について

カパンジーを見てたら驚きの一文がありました

 

 

 

女性の会陰とは対照的に男性の会陰は問題にならない

分娩はないし、臓器脱もない、術後を除いて尿失禁もない

 

ん???

そもそも会陰

ウイキペディアによると

肛門と外陰部の間をさすが、

講義には左右の代替と臀部で囲まれる骨盤の出口全体をさす

といわれているようです

 

色々調べると

女性はそもそも

骨盤底筋群が弱くて

妊娠や出産などでますます弱くなるらしいです

 

骨盤底筋群は(文献1)

腹横筋、多裂筋、横隔膜とともに

 

体幹の安定性に関与すると書いているので

体幹の安定化≒腰痛の軽減なので

 

腰痛には

とても重要な筋肉です

 

プランクについて

プランク

(=フロントブリッジとも言われる)

かなりメジャーな運動です

 

スタビライゼーションという

トレーニングの一種になり

 

これは

神経や筋肉の協調性機能である

姿勢や動作をうまくバランスさせることで、

スムーズな動きを養うエクササイズになる

と言われてるそうです

 

実際の運動は

簡単に言うと

うつ伏せになって、

肘をついて、

腕立て伏せのような姿勢になって

その姿勢でしばらくいる筋トレです

 

体幹を鍛えるには

良いとされている

エクササイズ

体幹を安定させるので

 

腰痛にも効く

といわれてるようです

 

色々なバリエーションがあり

レッグレイズ・フロントブリッジ

=プランクから足を上げる

アームレイズ・フロントブリッジ

=プランクから手を上げある

などなど

 

さらに

 

30日でお腹がへこむ

プランクチャレンジと言われるものもあります

 

色々あるので

プランクを一度やってみても

良いかもしれません

 

詳しい話はまた次回

に回します(*’ω’*)

 

~参考文献~

1.田舎中真由美. “骨盤底筋群機能障害に対する評価とアプローチ.” 理学療法学= The Journal of Japanese Physical Therapy Association 34 (2007): 44.