北の治療家セミナーダイジェスト

腰痛の運動療法 with 鎌倉先生

~ブリッジと評価~

%e5%8b%95%e4%bd%9c%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%81%a8%e9%81%8b%e5%8b%95%e7%99%82%e6%b3%95%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%b8

 

ブリッジって

結構よくやる運動のひとつです

 

理由

体幹や股関節を鍛えるのに

良いとされているから

だと思います。

 

↓↓↓の本には

 

 


①ブリッジは立位に必要な抗重力筋を

(立つための筋力を鍛える)

安全に強化でき

②下肢への荷重練習

③膝の同時収縮を保ちながら

腰背部や股関節伸筋群を強化できる

(太もも全体を活動しながら、腰と股関節の筋力強化できる)


などなど書いていました

 

しかし

 

ただ

ブリッジをやれば

いいわけではありません

 

文献を見ると

 

股関節を開いてブリッジした方が

股関節周囲に筋力が働く(1)

とか

骨盤後傾位で(腰骨を下げるように)

ブリッジすると

大殿筋が働きやすい(2)

 

などなど

書いていました

 

つまり

やり方によって

使う筋肉は変わるんです

 

 

よく筋トレやってて

本や一般的には

ここの筋肉が働くっていってたけど

ぜんぜん効いてる気しないなぁ~

ってことありませんか???

 

そう

 

効いてないんです(;’∀’)

まったく効いてないといいませんが

実感も、触って筋収縮がほとんどおきてないなら

あまり効いてないと思います

 

筋トレは形ではなく

中身を重要視しなければ

ならないということです

 

いくら見栄えが良いものでも

外見を取り繕うのではなく

自分を磨くためであれば

中身を整えなければないということです

 

その活動を視るために

私たちプロがいるんです

(私は運動療法は苦手ですが)

 

運動中

触診しながら

筋活動を診ることで

 

患者様が必要な

運動を提供できる

 

つまり

 

本当の

オーダーメイド

筋トレができるのではないでしょうか?

 

だから

 

筋トレにも触診は必要かと思いますので

私ももっとよりよい運動療法を

指導できるように

もっと勉強してみようと思います(*’ω’*)

 

~参考文献~

1.馬場敬子, et al. “ブリッジ動作訓練時における股関節外転角度の違いが股関節周囲筋の筋活動に与える影響.” 長崎大学医学部保健学科紀要 17.1 (2004): 31-35.
2.西沢喬, et al. “骨盤肢位の違いにおけるブリッジ動作の筋活動の特徴.” 日本理学療法学術大会 Vol. 42 Suppl. No. 2 (第 50 回日本理学療法学術大会 抄録集). 公益社団法人 日本理学療法士協会, 2015.