私が腰痛の治療

をする際に考えるのは

 

 

 
 
臀部から来る
 
関連痛です
 
 
 
 
関連痛や痛みを軽くするために
 
テニスボールとタオルを
 
組み合わせた方法を
 
考えました(*^^*)

 

 

やり方

○○○○○○○○○○

1.テニスボールを臀部に置いて
2.タオルを広く、強く巻きつけて
3.ボールに乗る

○○○○○○○○○○

です(*^^*)

 

腰痛のトリガーポイント

となりやすいのが

 

 

梨状筋と小・中臀筋なので

動画もその周囲です

 

 

梨状筋関連痛

仙骨・腸骨部位や

臀部後方、大腿部まで

 

中臀筋関連痛

仙骨や腸骨

臀部外側、大腿部まで

 

なので

 

まずこれらの部位を圧迫して

今まで感じてたような痛みで

気持ちいい感じがすれば

圧迫してみるのも

ひとつの手かと思います(*^^*)

 

 

ちなみに・・・

 

筋肉は

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ぜんぶわかる筋肉・関節の動きとしくみ事典 [ 川島敏生 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/9/2時点)

 

 

トリガーポイントとASTRは

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR [ 松本不二生 ]
価格:3780円(税込、送料無料) (2016/9/2時点)

 

 

が参考になります

 

 

注意点

テニスボールをしたまま

就寝しないでください(;^_^A

確実にやり過ぎになります

 

 

そしてここからが

経験論ですが

タオルを使う理由です(*^^*)

 

 

私が臨床で思ったのは・・・

 

 

トリガーポイントを見つけ

関連痛を引き起こす部位を見つけて

そのままトリガーポイントを

圧迫して

もちろん痛みが取れることが

ありました!

 

 

ただ

 

 

痛みに過敏過ぎる人にやると

関連痛の痛みが

今までの痛みを相乗して

 

 

痛みが増す経験を

何度かしています(;^_^A

そのとき思ったのは

関連痛をそのまま放置したまま

トリガーポイントを圧迫し続けるのは

はたして正しいのか???

 

 

関連痛を患者様が感じ続けながら

施術する過程は

必要なのか???

 

 

という疑問です(;^_^A

 

そこで

 

悩み

生まれた考えが

タオルをかけることです(*^^*)

 

 

タオルをかけると

圧痛と関連痛を

同時に軽減することが

可能な場合があります*\(^o^)/*

 

 

そうすると

私の経験の中では

 

 

関連痛を出し続けて圧迫するより

関連痛をタオルで抑制して圧迫した方が

痛みが軽減できる場合が

多かったです!

 

 

だから

 

 

関連痛

闇雲に出すより

タオルで抑制しながら

抑える方がいいのではないか?

 

 

 

経験論的に思ってます(*^^*)

この方法で

誰かが喜んでくれたら

いいなぁ(^人^)