当院は

ぎっくり腰、

ヘルニア、

脊柱管狭窄症

慢性的な腰痛など

 

腰痛の方の来院が

なぜか一番多いですが

 

私は

肩こりの施術が

最も得意です

 

肩こりなどの

全ての施術

考えるのは

まずは2つの観点

 

 

以外と見過ごしがちですが

とても大事な鑑別です。

 

当院に

来院される患者様は

よくおっしゃいます。

 

「●●治療院に行ったら余計痛くなった」

「●●施術を受けてから腰が痛い」

「●●やったけど何も変わらなかった」

 

 

健康や医療に

関わる人間にとって

 

患者様を

悪くしないこと

 

これが最も

大事な考えです

 

だから

 

患者様に対し

問診

ボディチェックを入念に

行うことが大事になります

 

施術で逆に悪くなる場合

それでは

悪くなる人とは

どんな人でしょうか?

上記のように

施術が

難しい症状

色々ありますが

 

ざっくりいうと

 

×だまってても、

ずーーっと常に痛いとき

×どう動かしても

かなり痛いとき

 

が上記症状の

可能性があるので

(過剰可動性は別)

 

注意をして

鑑別をします

 

ちなみに

過剰可動性がだめな理由は

元々関節が柔らかいから

筋肉で関節を支えているのに

 

支えている筋肉をほぐすと

筋肉で関節を支えることが

困難になり

痛みこり

増す

場合があるからです

 

これも

施術前に鑑別します

 

施術で良くなる場合

それでは

良くなるとき

はどんなときでしょう???

上記の症状があり

来院される患者様は

 

筋骨格系の問題

場合が多いので

 

今までの経験上

99.9%

施術やセルフケア

楽にさせる

自信があります

 

上記の良くなる場合に

該当しないとき

 

一度

すばやく結果が出る

優しい施術を行い

施術で楽になる

可能性を

確認して

 

楽になると結果できたら

99.9%

施術で楽にさせる

自信があります

 

余談ですが

肩こりを

訴える女性

 

一番多い症状は

肩周りのむくみです

 

そして

 

女性は

関節が柔らかい方が多いので

(過剰可動性の方も多い)

やみくもに

揉んでも

楽にならない

場合が多いです。

 

経験上

そのようなむくみは

当院独自の

評価技法による

貼る施術

有効な場合が多いので

 

肩こりに悩まれている方は

ぜひ当院にご相談ください(*´▽`*)