痛いときって

痛い部位に原因

を求めることが多いですが

 

以外と

 

痛いとこじゃなくて

 

脳が痛みに

過剰に反応して

痛みを増幅

している場合が

 

結構多いのは知ってますか???

この動画はその実験です(笑)

 

動画は

前屈の前後で

洗濯バサミを顔につけて(ノ◇≦。)

(激痛でした( ゚Д゚))

前屈してるだけです

洗濯バサミを外した後も可動域が広がっているのが

わかると思います。

なぜ可動域が広がるかというと

%e8%84%b3%e3%81%af%e7%97%9b%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%a9%ef%bc%91
%e8%84%b3%e3%81%af%e7%97%9b%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%a92
%e8%84%b3%e3%81%af%e7%97%9b%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%a93

洗濯バサミをとった後に

大腿後面の痛み

あまり感じなく

なったからです

 

こんな感じで

痛みをごまかすだけで

痛くないことって以外とあります。

 

私は

自分の寝違えも

この方法で軽減させたこともあります

 

でも

実際に

患者様を治療をする際

優しい

触圧刺激で痛み

をとって行ってます

 

この現象は

ただの実験ですので

あまりマネしないでくださいねヽ(;´ω`)ノ

 

 

※なぜ洗濯バサミで可動域を広げられたか※

マイオチューニングアプローチ入門から

引用すると↓↓↓

 

 

 

疼痛筋、つまり

痛みを感じやすい筋

のストレッチ

 

神経が過敏な状態になるため

僅かな刺激でも、

 

疼痛の増強や、反射性筋収縮による

筋緊張の亢進を誘発する

と書かれています

 

今回のやり方では

洗濯バサミ

より強い刺激を顔に出して、

 

大腿後面の痛みを感じないようにして

 

身体に

大腿後面は

痛くないと

錯覚を引き起こし

 

洗濯バサミをとった後でも

錯覚が残ってるので

 

過敏な

筋緊張の亢進を抑制し

可動域が向上したと考えました。