肩が辛い

言われたときに

 

何故

足や腰から

施術するのでしょうか?

 

プロそうに見えるから???

根本治療を目指すから???

肩が痛いと言われて肩をするのは素人がすることだから???

 

色々理由はあると思いますが

私が足から施術する理由は

 

ただひとつ

 

肩が

楽になるからです

 

経験的にも

肩が痛くても

腰だけで施術が終わったときも

ありました(笑)

 

もちろん逆に

肩だけを施術をするときも

あります

 

私は

どこからでも

施術をするし

 

特に場所への

こだわりは

ありません

 

結果的に

楽になるなら

どこからでもします

 

触診や

姿勢の評価をして

 

圧倒的に

肩が楽になる場合が

あるときに

 

一度患者様に

主症状の肩ではなく

足から施術をしてよいか

確認して

了承を得たら

 

迷わず足や腰から

施術をします

 

しかし

 

肩が辛いのに

足からやって

なぜ効果がでるのか

 

今までは

あまり上手に

説明できませんでした

 

そんな疑問を考えているうちに

ふとひらめき

 

肩が辛いのに

足から施術をする

理由の一端がわかったので

動画にしてみました(*’ω’*)

 

 

簡単に

この動画を説明すると

 

足が曲がると

腰が曲がるので

肩が挙げづらくなる

ということです

 

だから

 

足が曲がっていても

お相撲さんの四股のように

骨盤が前に倒れて

腰が後ろに曲がっていなければ

 

しゃがんでいても

肩は上がりづらくはなりません。

 

・・・

 

このしゃがんだときに

挙げづらくなることが

わかったときに

 

ふと

 

いつも

しゃがむ動作はやってたのに

なぜ今まですぐ気づかなかったのだろう・・・

 

正直

自分は鈍感なのかと

悲しくなりましたが(笑)

 

気付くことは

楽しいので

 

毎日子育てと

並行して少しずつ

勉強して

 

まだ見ぬ

身体の

原理原則を知るために

 

これからも

身体にについて

学んでいきたいと思います(*´▽`*)

 

 

※考察※

そもそも

肩関節を大きく上げるためには

 

最後には

体幹を伸ばすことが必要で

 

また

鎖骨が後方に引かれることで

肩が大きく上がります

 

しかし

 

膝や股関節が曲がると

骨盤が後ろに倒れます

 

そうすると

腰が後ろに曲がってしまいます

腰が曲がると

体幹が伸ばせなくなり

 

体幹が伸ばせなくなると

肩が挙げづらくなるのではないかと

考えています