北の治療家セミナー

ダイジェスト

腰痛の運動療法

with 鎌倉先生

筋トレっていっぱい種類がありますよね。

でも

本当に効果の

あるものって

なんなんでしょう?

 

 

 

よくやるのは

とにかく腕を鍛えたいから

腕をなんとなく鍛えてみる

 

とか

 

漠然と筋トレ

やっちゃいませんか?

 

それは

あまりよくないんです

 

以下の本に様々な論文が引用されていますが

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニューロロジカルリハビリテーション [ ジャネット・H.カー ]
価格:7992円(税込、送料無料) (2017/3/13時点)

 

 

1957年の研究で

Rash & Morehouse(文献1)

 

立って

肘を曲げる力を

トレーニングをしても

 

仰向けで寝て

肘を曲げる力は

上がらなかった

という論文や

 

1986年の研究で

Rutherford & Jones(文献2)

 

最大の負荷量で

膝を完全に

伸ばす

トレーニングをすると

 

200%くらい

膝を伸ばす力

増えたが

 

膝を

伸ばしたまま保持

するための力は

たったの11%しか増えず

 

その被検者に

サイクリング

をやらせても

筋力の変化は

なかった

と書いていました

 

つまり

 

やみくもに

トレーニングをしても

結果がでない

ということなんです

 

今回の動画でも

ご紹介したように

 

その人が今

どんな運動が

必要か

を考えながら

 

筋トレ

処方することは

何よりも大事

なことです

 

※余談ですが※

 

ちなみに私は中学のころ

体操部に所属していて

かなり筋トレしてた時期がありましたが

まったくうまくなりませんでした(´;ω;`)

 

思いだすだけで

悲しいです

 

その時

 

私が学んだのは

努力と成果は正比例しない

大事なのは

 

努力の仕方だと

努力も常に

頭を使う必要があることを

学びました(´;ω;`)

1.Rasch, Philip J., and Laurence E. Morehouse. “Effect of static and dynamic exercises on muscular strength and hypertrophy.” Journal of Applied Physiology 11.1 (1957): 29-34.
2.Rutherford, O. M., and D. A. Jones. “The role of learning and coordination in strength training.” European journal of applied physiology and occupational physiology 55.1 (1986): 100-105.