今回は

猫背でも

肩が挙がる可能性が

わかったので

試してみました( `ー´)ノ

 

結果的には

できましたが

 

肩が・・・

痛い・・・

 

圧倒的な

不快感とともに

上げることが

できました(´;ω;`)

 

動画は

猫背になり

肩を

最終可動域近く

肩甲骨を後下方

引くことで

上げれることを

示した動画です

・・・

猫背では

肩が

挙がらない理由

2つあります

 

★体幹の伸展★

★鎖骨の回旋★

 

ができなくなるからです

今回はこの

 

★鎖骨の回旋★

に注目しています

 

そもそも

鎖骨の動き

肩を上げるとき

 

0~90°

までなら

鎖骨は

後ろに回るより

挙上します

 

90~180°

を超えるなら

鎖骨は

挙上するより

後ろへの回旋します

 

だから

 

普通は

肩を前に出して

すくめる

(≒猫背になると)

鎖骨肩甲骨

靭帯

つながっているので

 

鎖骨

に回ります

 

そうすると

鎖骨

後ろに回りづらくなるので

 

肩を上げても

最後まで

肩は上がりません

 

・・・

 

ということで

猫背になっても

気合をいれて

鎖骨を

後ろに回せれば

肩が挙がる

じゃないか???

と思ってやってみましたが・・・

 

結論としては

絶対やらない方

良かった・・・

 

肩の違和感と

肩の不安定さ

が残りました

 

しかし

 

猫背でも

肩を上げられる人には

 

2つの

可能性

あることがわかりました

 

1.肩関節自体の

可動域が

とんでもなく広い

 

2.肩甲骨と鎖骨の

使い方が

とんでもなく上手い

ということです

 

これらの可能性が

わかったので

 

猫背の患者様の

肩の痛みに対して

少し視野が広がり

 

肩の違和感は残ったけど

やってよかったです・・・(/_;)