今回は

3つの嬉しいことが

ありました。

 

1.

遠方から

吉田先生が

施術と勉強会

受けに来てくれたこと

 

吉田先生は

かなり経験があって

レベルが高い先生で

 

ずっと

北の治療家セミナーに

参加してくださっていた先生で

 

若輩ものの私の勉強会や

施術を受けていただき、

喜んでいただいた(;_:)

 

最後には、

「北の治療家セミナー

手伝えることがあれば手伝うよ」

と言ってくださり、

 

嬉しくて

うるうるしてました(/_;)

2.

今後を支える

仲間ができたこと

 

先程述べた

吉田先生と

 

小寺先生が

セミナーを開催するための

準備や、内容を一緒に

検討してくださり、

本当に助かりました(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

正直

北の治療家セミナーの

核となるメンバーが

みんないなくて

不安だったので

本当に嬉しかった(/_;)

3.

セミナーで伝えたかった

セラピストの

在り方

重要さを

伝えれたこと

 

今回のセミナーのテーマは

動診でした

 

 

裏テーマとして

考えてたのは

セラピストとしての在り方の

重要さです(*’ω’*)

 

施術は評価

9割を占めると思いますが

 

評価の精度

治療の精度

 

を決めるのが

セラピストの

在り方です

 

ただ

セラピストが

身体に触れているだけで

 

良くなる

悪くなる

 

それわかると

ぐっと臨床は変わると

思います(≧∀≦)

 

そのことが

少しでも伝えられて

本当にうれしかった。

そして!!!

 

次は

師匠である

沓脱先生の

セミナー

 

8月11日

にあります(*’ω’*)

 

このセミナーを

大成功させるべく

また頑張ります!!!