【芽室町の肩こり・腰痛口コミ一番店】病院勤務時代の1万件を超える施術経験で培った医療の知識と技術。あなただけの問題点を探し、肩こり・腰痛・膝痛と一緒に戦います。

ASTR勉強会

  • 第3回勉強会

 

月にだいたい一回くらいのペースで

ASTRの勉強会をしています(*’ω’*)

 

今回のセミナーは動診を学びます

 

★日時

6月24日

18時~22時

 

★参加資格

理学療法士、作業療法士、柔道整復師、整体師など、

治療を極めたい方

 

★参加費

3000円

 

★場所

帯広市の南コミュニティセンター

 

和気あいあい楽しく

治療技術を学んでいます

皆様の参加お待ちしております

 

以下は案内文です

圧倒的な技術
 欲しくないですか???

でもその前に

必要なことが
 あります

 それは
患者様の
今のお身体を診る
適切な評価です

どんなに施術が
上手くても

評価が下手なら
効果は半分以下に
 なることもあります

 リハビリの世界では

『評価に始まり
評価に終わる』
と言われ

評価は
重要視されています

 それは
 なぜでしょうか?

 例えば
肩こりがある
患者様がいるとします

 その原因は
 どこにあるんでしょうか?

 肩?腰?首?
 目?姿勢?

もし腰が原因
だとして

間違えて
肩だけの施術をする

 そして

気づけば
施術の時間が
終了

もっと悪いのは
腰が原因だと
 わからずに
 なんとなく施術か終わる

 そんな経験って
施術家なら
一度や二度は経験
すると思います

私はあります(笑)

 今回の勉強会は
痛みやコリの
原因を探る技術の
 ひとつである

動診を学びます

患者様を動かして
 お身体の評価する
技術です

 なぜ

動かして診る必要があるか?
 黙って寝てるだけの評価じゃだめなのか?

それは

安静時の評価だけでは

動いてる時の
筋肉の張りや、
 関節への負荷は
 わからないからです

寝て評価するのは
 あくまで
寝てるときだけの評価

 起きた瞬間から
姿勢を維持するための
筋肉が働き

身体の力の入り具合は
変わります

例えば

寝てるときは
肩がしっかり動かせたのに

起きた途端に
肩が動かなる

 そんなことは
 よくあります

姿勢が違えば
筋肉の働きや
関節の動きは変わる

 だから

安静時、姿勢の変換時、
 動作時ごとの評価が

必要なんです

前回は
触診でしたので

今回は
動診を行います

 ぜひご参加ください(*^^*)

 

痛みと一緒に戦わせてくれませんか?お気軽にお問合せ下さい。 TEL 090-7514-1493 完全予約制 9:00~20:00【不定休】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 帯広de整体 こり楽とれ太 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.